看護師のデイケアへの転職

高齢化社会を迎えた現在では、全国各地に介護福祉施設が増え、中でもデイケアに関しては各地域で次々と新設されています。
このデイケアは正確には精神科と高齢者及び身体障害者向けの2種類がありますが、一般的には高齢者向けの通所リハビリテーションを指します。

看護師の履歴書情報探しのヒントをお教え致します。

そして、要介護又は要介護認定を受けた方が生活のリズムを整え、リハビリやレクリエーションを通して機能回復や社会復帰を図り、また利用者同士の社交の場としてや介護する家族の負担を軽減することなどを目的としています。

その為、このデイケアには医師や看護師、理学療法士及び作業療法士、介護士と介護ヘルパーがスタッフとして構成され、但し医師が常駐しない施設も少なくないことから医療の専門家として看護師が大きな役割を果たしている施設が多くなっています。
その看護師の仕事については、専門的な知識や技術も大切ですが利用者の健康管理が主な内容となっており、利用者及び周りのスタッフ、利用者の家族とコミュニケーションを図りながらサポートを行い、特に利用者の急な体調変化に伴う緊急時の対応が重要な仕事となっています。

NAVERまとめに関するご質問を解決いたします。

また、勤務時間は日中のみで日曜祝日等の決められた休館日が休みとなります。そこで、このデイケアへの転職に関しては、その仕事内容から病院施設よりも切迫した状況が少ない為肉体的・精神的に負担が軽減されており、穏やかな環境で自分のペースで比較的仕事が進め易くなっています。

また、デイケアへの転職は日中のみの仕事であることからプライベートとの両立が図り易くもあり、仕事のペースを変えたい方には転職先の選択肢の1つに成り得ます。